日本の魅力を再確認できる!北陸新幹線の旅

静かに時が流れる町を散策する

北陸新幹線が開通して、東京から金沢までの移動時間がそれまでの4時間から2時間に短縮され、多くの人が金沢の魅力を堪能できるようになりました。金沢の歴史は古く、武家の文化が現在も色濃く残る町です。長町武家屋敷通りには当時の町並みを思わせる土塀が残っていて、散策をしているとまるでタイムスリップした感覚になります。この周辺は現在でも住宅街になっていて、歴史を大切にしながら生活をしている市民の思いを感じられる静かな場所です。その中にある武家屋敷跡野村家では、かつての情緒をそのまま残した建物と庭園を公開しています。茶室では数百年前に想いを馳せながら、抹茶とお菓子をいただけます。また金沢の工芸も魅力です。お店をのぞきながら職人の技に感動したり、金箔貼りや加賀友禅染めの体験をする楽しみもあります。

観光やグルメを楽しむ

北陸新幹線が開通したことで、富山県への旅行もとても手軽になりました。富山県は日本海沿岸にあり、何と言っても海からの恵みが多い場所です。リーズナブルなのに新鮮なネタが豊富に並ぶ回転寿司は、ぜひ一度は利用したいところです。また職人が腕をふるって季節のおすすめメニューを並べるお店も多く、この土地のおいしい水で作られた地酒をいただきながら舌鼓が打てます。そして観光名所が多い富山県の中でも、特に足を運んでみたいのは相倉合掌造り集落です。世界遺産に登録されていて、どの季節に行ってもそれぞれの風情を楽しめます。自然に囲まれたのどかな場所で、人々の郷愁を誘う風景が広がっています。

バイザポートをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です